皇室ウイークリー

(756)天皇陛下、国連事務総長とご懇談 皇后さま、看護師らたたえられる

日本のガールスカウト運動100周年を記念したキャンプで、テントでの展示をご覧になる秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=7日午後5時30分、長野市
日本のガールスカウト運動100周年を記念したキャンプで、テントでの展示をご覧になる秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さま=7日午後5時30分、長野市

天皇、皇后両陛下は6日と9日、広島と長崎の原爆の日に当たり、皇居・御所で長女の敬宮(としのみや)愛子さまとともに黙禱(もくとう)された。上皇ご夫妻も、赤坂御用地にあるお住まいの仙洞(せんとう)御所(東京都港区)で、現地で行われた式典をテレビで見守りながら黙禱されたという。

天皇陛下は8日、広島訪問などのため来日していた国連のグテレス事務総長と御所で懇談された。

国連のグテレス事務総長と面会される天皇陛下=8日午前、皇居・御所(宮内庁提供)
国連のグテレス事務総長と面会される天皇陛下=8日午前、皇居・御所(宮内庁提供)

宮内庁によると、陛下はグテレス氏に広島訪問への感謝の気持ちをお伝えに。また、平成19~27年、国連の「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁を務めた経験から「水問題は気候変動など多くの分野に関連する」として、国連の積極的な取り組みを評価された。グテレス氏は「陛下がこれまで水問題に重要な貢献をされてきたことに感謝します」と述べたという。

陛下は10日、皇居・宮殿で新大臣14人の認証官任命式に臨まれた。

皇后さまは10日、東京都港区で「フローレンス・ナイチンゲール記章授与式」に臨席された。式典は皇后さまが名誉総裁を務められている日本赤十字社が主催。名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さま、寬仁親王妃信子さま、高円宮妃久子さまも同席された。

受章者に章記と記章を授与される日本赤十字社名誉総裁の皇后さま=10日午後、東京都港区
受章者に章記と記章を授与される日本赤十字社名誉総裁の皇后さま=10日午後、東京都港区

皇后さまは懇談で、アフガニスタンなどで医療活動に貢献した非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の藤田千代子さんに現地の状況を尋ね、「健康に気をつけて頑張ってください」と声をかけられたという。

秋篠宮ご夫妻は5日、千代田区の科学技術館を訪れ、「全日本学生児童発明くふう展」を視察された。

室内の二酸化炭素濃度に応じて窓を開閉させる換気装置を作った男子生徒に、秋篠宮さまは「作るのにどれぐらいかかりましたか」とご質問。目の不自由な人のホームからの転落を音で防ぐ装置の前では、ご夫妻はうなずきながら作者の話を聞かれていた。

 全日本学生児童発明くふう展で内閣総理大臣賞の受賞者と言葉を交わされる秋篠宮ご夫妻=8日午後2時20分、東京都千代田区
全日本学生児童発明くふう展で内閣総理大臣賞の受賞者と言葉を交わされる秋篠宮ご夫妻=8日午後2時20分、東京都千代田区

ご夫妻は7日、大田区でボーイスカウトのキャンプ大会「第18回日本スカウトジャンボリー」の集会に臨席された。全国の代表スカウトとの懇談では、秋篠宮さまは過去にジャンボリーに参加した際の印象について「スカウトの人々が何をしているのか知り、テントにも宿泊して、なかなか楽しい時間を過ごしました」とご紹介。紀子さまは「こういう機会を大事に楽しんでください」と声をかけられたという。

「第18回日本スカウトジャンボリー」の会場を後にされる秋篠宮ご夫妻=7日午後6時7分、東京都大田区
「第18回日本スカウトジャンボリー」の会場を後にされる秋篠宮ご夫妻=7日午後6時7分、東京都大田区

会員限定記事会員サービス詳細