来夏以降「原発の更なる再稼働が重要」 西村経産相

産経新聞などのインタビューに応じる西村康稔経済産業相=12日、東京都千代田区(代表撮影)
産経新聞などのインタビューに応じる西村康稔経済産業相=12日、東京都千代田区(代表撮影)

第2次岸田改造内閣で入閣した西村康稔経済産業相が12日、産経新聞などのインタビューに応じ、電力需給の逼迫が懸念される今冬について「原発の最大9基の稼働を確保できるよう着実に取り組みたい」とした上で、来夏以降については「原発の更なる再稼働が重要だ」との認識を示した。

西村氏は原発について、「可能な限り依存度を下げる」と、従来の政府方針は維持しつつ、電力の安定供給には来夏以降に稼働できる原発を増やす必要があると説明。「(事業者に)安全審査への的確な対応を働きかけ、国も前面に立って立地自治体や関係者の理解・協力を得られるよう、粘り強く取り組んでいきたい」と語った。

原発の新増設やリプレース(建て替え)の必要性については「想定していない」としたが、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)実現のためには、「原発を含めてあらゆる選択肢を追求することが大事だ」と強調。次世代革新炉の研究開発や人材育成、原子力サプライチェーン(供給網)の維持・強化といった、将来を見据えた取り組みは継続させる意向を示した。

会員限定記事会員サービス詳細