岸田首相、小池都知事と面会 4回目ワクチン拡大に前向きな姿勢

岸田首相=12日午前
岸田首相=12日午前

岸田文雄首相は12日、官邸で東京都の小池百合子知事と面会し、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種対象を、警察や消防といったエッセンシャルワーカーに拡大することなどが盛り込まれた要望書を受け取った。

首相は、4回目接種の対象拡大に前向きな反応を示したという。面会後、記者団の取材に応じた小池氏が明らかにした。小池氏は「新規陽性者が減りつつあるが、重症者数を重視をしている。4回目接種についてエッセンシャルワーカーの対象拡大を強くお願いした」と述べた。

要望書では、新型コロナ対策に加え、ウクライナ侵攻による物価高やエネルギー危機などへの対策も求めた。

ワクチン接種をめぐっては、厚労省が先月、60歳以上などに限定していた4回目のワクチン接種対象者を医療従事者や介護職員などに拡大することを決めていた。

会員限定記事会員サービス詳細