首相が4回目接種 国民に呼びかけ

4回目のワクチン(米モデルナ社製)接種を受ける岸田文雄首相(手前左)=12日午前11時57分、東京都千代田区(代表撮影)
4回目のワクチン(米モデルナ社製)接種を受ける岸田文雄首相(手前左)=12日午前11時57分、東京都千代田区(代表撮影)

岸田文雄首相は12日、自衛隊が運営する東京・大手町の新型コロナウイルスワクチン大規模接種会場で4回目のワクチン接種を受けた。3回目と同じ米モデルナ製。首相は記者団の取材に対し、「国民に接種の大切さを理解していただき、自分のためにも、周りの大切な皆さんのためにも、接種を前向きに進めていただければと期待している」と述べた。

首相は65歳で、4回目接種の対象に該当する。国内で流行の「第7波」が続く中、自らの接種で高齢者らの接種促進につなげたい考えだ。

会員限定記事会員サービス詳細