加藤厚労相、コロナ分類や全数把握見直し「段階的に」

新型コロナウイルスの変異株(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの変異株(国立感染症研究所提供)

加藤勝信厚生労働相は12日の記者会見で、新型コロナウイルスを感染症法上の分類で結核並みの「2類」相当とする現状の扱いや、新規感染者の情報の全数把握の見直しを段階的に進める考えを示した。「コロナの感染状況や変異株の発生動向に細心の注意を払いつつ、段階的な見直しを行いたい。一刻も早く社会経済活動の正常化を目指すことが重要だ。専門家の議論や自治体からの(見直しを求める)意見も踏まえ、適時適切な対応を図りたい」と述べた。

また、加藤氏は「限られた医療資源を(コロナの症状が)重症化する恐れがある方々の命を救うことに注力できるように持っていくことが大事だ」とも強調した。

新型コロナの感染拡大が続く現状については、「直近では感染者の増加のスピードは落ちてきているようだが、(依然)大変高い水準で推移している。病床使用率も全国的に上昇傾向にあり、医療提供体制に大きな負担がかかっている。重症者数や死亡者数も増加傾向にあり、今後の動向をしっかりと注視していきたい」と警戒感を示した。

会員限定記事会員サービス詳細