高速道Uターン渋滞、AIで回避

東名高速道路の渋滞
東名高速道路の渋滞

お盆休みの帰省ラッシュが本格化した。東京方面に向かう高速道路では、携帯電話の位置情報と人工知能(AI)を活用し、当日の人出を基に上りの所要時間を予測するシステムが相次いで導入されている。高速道路各社はインターネットで公開。混雑する時間帯の通行を控えるよう協力を呼びかけており、Uターンラッシュを回避できる可能性がある。

高速道路の渋滞は過去の実績を踏まえて各社が算定し、日時や路線ごとに事前公表している。天候やイベントによって変わる人の流れを正確につかむのは難しく、実際の所要時間と誤差が生じることがあった。

そこでNTTドコモが携帯電話の基地局を通じて収集したエリアごとの人口分布のデータを活用。東日本高速道路は平成29年、東京湾アクアラインの混雑時間帯を知らせる「AI渋滞予知」を始めた。

中日本高速も昨年10月から東名高速道路の御殿場ジャンクション(静岡県)―東京インターチェンジ間の所要時間予測を提供している。

会員限定記事会員サービス詳細