内閣支持微増、54%に 改造受け共同通信世論調査

初閣議を終え、記念撮影に臨む岸田文雄首相(前列中央)ら第2次岸田改造内閣の各閣僚 =10日夜、首相公邸(矢島康弘撮影)
初閣議を終え、記念撮影に臨む岸田文雄首相(前列中央)ら第2次岸田改造内閣の各閣僚 =10日夜、首相公邸(矢島康弘撮影)

共同通信社が第2次岸田文雄改造内閣発足を受けて10、11両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党国会議員との関わりについて、自民党や党所属議員の「説明が不足している」との回答が89・5%に上った。「十分に説明している」は6・9%にとどまった。岸田内閣の支持率は54・1%で、昨年10月の内閣発足以来最低となった7月30、31両日の前回調査から3・1ポイント増えた。不支持率は28・2%だった。

安倍晋三元首相の国葬に関し、敬意と弔意を国全体として表す国の公式行事として開催するのは適切だとする岸田首相の説明に「納得できない」との回答は56・0%で、「納得できる」の42・5%を上回った。

今回の内閣改造と自民党役員人事を「評価する」は44・0%で、「評価しない」の41・6%をわずかながら上回った。

会員限定記事会員サービス詳細