集団感染の有田工、九州学院は出場へ 全員が陰性

第104回全国高校野球選手権大会が行われている甲子園球場=兵庫県西宮市(本社ヘリから)
第104回全国高校野球選手権大会が行われている甲子園球場=兵庫県西宮市(本社ヘリから)

第104回全国高校野球選手権大会の大会本部は11日、開幕前に新型コロナウイルスの集団感染と判断された有田工(佐賀)が第8日(13日)の第1試合、九州学院(熊本)は同日の第2試合に予定通り臨むと発表した。改定した感染拡大予防ガイドラインに基づき、試合前72時間以内のPCR検査でチーム全員の陰性が確認された。選手の入れ替えはない。

有田工の相手の浜田(島根)、九州学院と対戦する帝京五(愛媛)も同様の状況で、12日に出場の可否が判明する見通し。この4チームは登場が最も遅くなるように組み合わせ抽選が行われた。

第7日に2回戦が控える海星(長崎)と近江(滋賀)は、それぞれ選手1人を入れ替えた。今大会は新型コロナ感染や、その疑いがある選手が出た場合、試合開始の2時間前まで登録選手を変更できる。

会員限定記事会員サービス詳細