藤井聡太五冠、順位戦A級2戦目は黒星

順位戦A級2回戦に臨む藤井聡太五冠(左)と菅井竜也八段=10日午前、名古屋市の名古屋将棋対局場(日本将棋連盟提供)
順位戦A級2回戦に臨む藤井聡太五冠(左)と菅井竜也八段=10日午前、名古屋市の名古屋将棋対局場(日本将棋連盟提供)

将棋の藤井聡太五冠(20)=棋聖・竜王・王位・叡王・王将=は10日、名古屋市の名古屋将棋対局場で指された第81期順位戦A級2回戦で、先手の菅井竜也八段(30)に109手で敗れ、順位戦の成績は1勝1敗となった。終局は11日午前0時9分。

菅井八段は岡山市出身で関西本部所属。王位1期、棋戦優勝4回の実力者だ。飛車を初期の位置から横に移動させて戦う「振り飛車」と呼ばれる戦型を得意とする。

終局後、藤井五冠は「誤算があって相当厳しいと思っていた。内容をもっとよくしないといけない」、菅井八段は「形勢判断が難しい将棋だった」とそれぞれ話した。

会員限定記事会員サービス詳細