北海道中川町で震度5強 直前に5弱、揺れ相次ぐ

11日午前0時53分ごろ、北海道中川町で震度5強の地震があった。震源地は宗谷地方北部で震源の深さは4キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・4と推定される。直前の午前0時35分には5弱を観測した。震源地は同様に宗谷地方北部で、震源の深さは4キロ、M5・2。いずれも津波はなかった。その後も午前2時台に中川町で震度4など地震を相次いで観測した。

気象庁の鎌谷紀子地震津波監視課長は11日未明に記者会見。「揺れの強かった地域では、1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意してほしい」と呼びかけた。揺れの影響で、落石や崖崩れの危険性もあるとしている。

今回の震源周辺では、6月20日にM4・4、8月4日にM4・1の地震があり、いずれも震度4を観測。この地域では、過去にもM4クラスの地震が短期間に連続して起きたケースもあり、注意が必要だと説明した。

気象庁は震度5強の地震で緊急地震速報を発表。政府は、首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。

会員限定記事会員サービス詳細