台風が13日に東日本接近 前線停滞で東北など警戒

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

気象庁は11日、台風に変わる見込みの熱帯低気圧が日本列島の南から北上し、13日にかけて東日本の太平洋側にかなり接近する見込みだと明らかにした。13日は東海や関東甲信、伊豆諸島で警報級の大雨や高波の可能性がある。

東北では北日本付近に前線が停滞している影響で1週間程度、警報級の大雨が降る可能性があるといい、これまでの雨で土砂災害などの危険性が高まっているとして、気象庁は警戒を呼びかけている。

気象庁によると、熱帯低気圧は11日正午現在、日本の南を時速約20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は1006ヘクトパスカルで最大風速15メートル、最大瞬間風速23メートル。12日正午には台風に変わる見込みで、東日本に接近するとみられる13日午前9時には中心気圧1002ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートルとなる見通し。

日本海から北日本に伸びる前線の影響で東北を中心に大気が非常に不安定となっており、北海道や東北では12日にかけて非常に激しい雨が降る恐れがある。前線の活動は14日に一時的に弱まるが、15日から再び活発になる見込みという。

会員限定記事会員サービス詳細