本郷和人の日本史ナナメ読み

比企氏の謎㊦安達盛長、なぜ北条に鞍替え?     

世界遺産に登録されている高野山金剛三昧院の多宝塔 =和歌山県高野町
世界遺産に登録されている高野山金剛三昧院の多宝塔 =和歌山県高野町

伊豆国の蛭(ひる)ケ小島で流人生活を送る源頼朝。彼に近侍するのは藤九郎盛長とその妻。妻は比企尼の長女で、彼らの生活物資は武蔵国比企郡に住む比企尼のもとから運ばれていました。もしかすると、藤九郎夫妻の指示でまき割り・水くみ・洗濯などの家事労働を行う人員までも、比企尼は手配していたかもしれません(何しろ、人件費は安かったので)。そんな頼朝の流人生活を、前回では想像してみました。夫妻の間には後に景盛、時長を名乗る男児2人と、頼朝の弟の範頼に嫁ぐ女の子が生まれるので、頼朝の周囲はにぎやかだったのではないでしょうか。

また前回では、藤九郎は頼朝の母方、熱田大宮司家ゆかりの武士だったのではないか、と推測してみましたが、要するに大した背景を持っていなかった人だろうと考えます。そうすると、彼は比企の女性を妻とし、比企家に食べさせてもらって20年ほどを過ごしたことになります。まさに婿と言っても差し支えないような、比企の一員であったわけです。ところがその後の歴史を見ると、藤九郎の安達氏は、北条本家の嫁を輩出する家となります。建長寺を建てた北条時頼、北条の専制を完成した貞時、最後の当主である高時は、安達氏の女性を母としています。北条と安達は、密接な関係を築いているのです。

13人の合議制が成立したころから頼家将軍の退場まで、幕府における権力闘争の基本的な対立軸は、頼朝の外戚(がいせき)・北条氏VS頼家の外戚・比企氏というものでした。比企側についた御家人はこのあと、争いに勝ち残った北条氏の勢力が拡大するにつれ、いわば「冷や飯を食わされる」立場に追い込まれていきます。となると、藤九郎、いや安達盛長は、いつのまにか比企陣営から離脱し、北条時政に接近していたと見るべきですね。この転換はなんなのでしょう?

当時の血縁と婚姻でのつながりは、たいへんに強固でした。たとえば建暦3(1213)年の和田合戦で、一族の和田義盛に味方しなかった三浦義村は、衆人の面前で「三浦の犬は友を食らうぞ」と罵(ののし)られました。義村の子の泰村が滅ぼされた宝治元(1247)年の宝治合戦では、毛利季光(大江広元の子)は泰村の妹を娶(めと)っていたがために、負けを承知で三浦に味方し、果たして泰村とともに自害しています。では盛長の去就は、さて?

こうしたことを踏まえてみると、注目すべき事件が『吾妻鏡』に記されていることに気づきます。正治元(1199)年の春、景盛はいかなる縁があったのか、京から美しい女性を呼び寄せました。彼女に目を付けた頼家は7月16日、景盛に三河国での仕事を言いつけます。景盛が家を留守にすると恋文を届け、26日には彼女を強引に奪います。さらには8月、鎌倉に帰って状況を知った景盛が恨みを含んでいると聞くや、側近の小笠原長経に命じて、彼を討とうとします。この騒ぎを聞きつけた母の政子は嘆き、どうしても景盛を討つならば先に私に矢を向けよ、と叱り飛ばしました。頼家は渋々、景盛の追討をとりやめたのです。

さてこの騒動をどう解釈するか。なお13人の合議制は4月に発足しています。

①まずは深掘りせずに、そのまま記事を読む。さすがにこんなひどいことをされたら、比企家グループに属していた安達氏は態度を変えざるを得ない。頼家を後援している比企と距離を取り、北条グループに鞍(くら)替えする。北条時政とともに、頼家の打倒を目指す。愛人の一件はみんなも知っているので、態度を変えても、非難はされまい。こうした一件があったので、安達盛長・景盛は北条グループに属するようになった、と見ます。

②いや、騒動以前から、安達家は北条に接近していた、とする見方も成り立ちます。北条は、頼朝の在世時から、水面下で盛長・景盛の取り込みを図っていた。頼朝没後にこの動きは表面化するが、頼家はそれが面白くない。そこでわざと愛人を奪う挙に出て、安達に嫌がらせをした。もしくは討伐まで企てた。ところが、政子によって阻止された。こういう見立てもアリ、かもしれません。

③最後に、記事自体が捏造(ねつぞう)、と強弁する荒技もあります。『吾妻鏡』が編纂(へんさん)された時期は、北条氏は当然繁栄していたわけですが、安達家もそれに次ぐ勢力を誇っていました。ですから、安達盛長が「兵(つわもの)の道」に背くような行為を選択するのはまずい。頼朝が没して頼家が登場してみると、どうも比企よりも北条が勝ちそうだ、と盛長は判断した。それで北条に急接近した。ところが見方によっては、それは実利を優先した、比企への裏切りにも見える。そこで後年の編纂者は、安達家に忖度(そんたく)した。妙な愛人強奪事件を捏造し、安達の選択の正当性を主張した。うーん、これだと、陰謀論と言われますかね。

①であれ②であれ③であれ、ともかくも安達盛長は北条時政に与(くみ)して比企討伐を支持し、その結果、北条氏とともに栄えていくのです。

【プロフィル】本郷和人

ほんごう・かずと 東大史料編纂所教授。昭和35年、東京都生まれ。東大文学部卒。博士(文学)。専門は日本中世史。

安達景盛が造営した金剛三昧(さんまい)院

建暦元(1211)年、北条政子の発願により、夫である源頼朝の菩提(ぼだい)を弔うため高野山に禅定院という寺院が建てられた。開山には禅宗の栄西も招かれた。さらに承久元(1219)年、政子は暗殺された息子の源実朝のために禅定院を改築して金剛三昧院と改称。実朝に仕えた葛山景倫(かげとも)(願性)と安達景盛が奉行となり、貞応2(1223)年ごろには多くの堂舎が完成した。写真の多宝塔はこの時のもので国宝。石山寺に次ぐ古さ。なお、金剛三昧院は宿泊が可能なので、興味ある方はぜひ!

この連載が本に

本連載が書籍化されました。『「違和感」の日本史』(産経新聞出版)、968円、好評販売中です。

『「違和感」の日本史』本郷和人著(産経新聞出版)
『「違和感」の日本史』本郷和人著(産経新聞出版)

会員限定記事会員サービス詳細