「党内配慮型内閣」維新・松井代表がチクリ 萩生田氏には期待

取材に答える日本維新の会の松井一郎代表=10日午後、大阪市役所
取材に答える日本維新の会の松井一郎代表=10日午後、大阪市役所

日本維新の会の松井一郎代表は10日、内閣改造・自民党役員人事の顔ぶれについて「岸田(文雄)首相が党内派閥の言うことをよく聞き、長期政権を目指すための党内配慮型内閣。派閥の規模に応じて大臣が誕生している」と述べた。大阪市役所で記者団に語った。

松井氏はまた「岸田氏は安倍晋三元首相の遺志を引き継いで参院選を戦った。まずは防衛力強化、(核抑止を巡る)タブーなき議論をしっかりしてもらうよう求めていく」と強調した。

旧知の萩生田光一政調会長が記者会見で「総裁にならって『聞く力』を発揮し、ときには『聞かない力』も発揮しながら(意見を)とりまとめ、方向性を決めていく」と述べたことにも言及。「政府の言いなりにならず、党として政策をしっかり掲げるということではないか。安倍イズムを継承し、内閣に迫っていくことを非常に期待する」とした。

自民の大阪府議だった松井氏は、党の青年局活動などを通してかねて萩生田氏と付き合いがある。

会員限定記事会員サービス詳細