高速道路でプロの自転車ロードレース 日本初、9月25日に高知県で開催

ジャパンサイクルリーグ(JCL)による自転車レースの模様(JCL提供)
ジャパンサイクルリーグ(JCL)による自転車レースの模様(JCL提供)

日本で初めて、自動車専用道路(高速道路)を使ったプロの自転車ロードレースが9月25日、高知県西部の宿毛市で開かれる。自転車ロードレースのジャパンサイクルリーグ(JCL)が公式戦高知大会として開催する。

コースの大半が自動車専用道

コースは、宿毛市の高知西南中核工業団地をスタートし、自動車専用道路「中村宿毛道路」の平田インターチェンジ(IC)から高速道路区間に進入。福祉施設「幡多希望の家」付近で折り返し、再び平田ICから一般道で工業団地に戻る約12.5キロを周回する。JCLでは「10周程度のレースを想定している」という。

周回コースのうち、自動車専用道路の区間は7.4キロ。緩い上り坂と下り坂があり、特に上り坂では気づかぬうちに速度が低下したり、先行する選手に差をつけられたりすることも考えられ、勝負の行方を左右するポイントとなりそうだ。

ジャパンサイクルリーグの片山右京チェアマン
ジャパンサイクルリーグの片山右京チェアマン

1日に東京都内で開かれた記者発表会では、元F1ドライバーでJCLチェアマンの片山右京氏が「高速道路を使うレースは世界でも珍しい」とアピールした。長い直線の下り坂では時速70~80キロくらい出るという。

JCLなどによると、国内では過去に、開業前の高速道路で自転車の市民レースが行われた例などがあるが、プロのレースでコースに採用するのは初めて。傾斜やカーブが緩いことから「かなり走りやすい」(JCLの担当者)という。

集団での駆け引きが見どころ

レースには10チームが参加予定。個人の優勝者を争うために、チーム単位で位置取りや主導権争いを展開する。集団による複雑な駆け引きが見どころだ。

JCLは、自転車ロードレースの競技力向上や、レース開催を通じた地域活性化を目指し、昨年に誕生したプロロードレース。2年目の今季は西日本を中心に15戦の開催を予定している。レースの模様は動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。

9月25日のレース当日には、宿毛市内のコース周辺で交通規制が行われる。一般道の区間は片側2車線を規制してレースを行い、自動車専用道路の区間は安全確保の面から全面通行止めにする。沿道での観戦は、一般道の区間は可能。自動車専用道路では不可だが、一部で並行する農道などからの観戦は可能とする。観覧可能エリアや一般駐車場などの詳細は、9月中旬頃に発表される。



会員限定記事会員サービス詳細