墜落現場で酸素マスク発見 日航機事故、御巣鷹の尾根

日航ジャンボ機墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」近くで発見された、事故機に搭載されていたとみられる酸素マスク=9日、東京都大田区
日航ジャンボ機墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」近くで発見された、事故機に搭載されていたとみられる酸素マスク=9日、東京都大田区

1985年の日航ジャンボ機墜落事故から37年になるのを前にした今年6月、墜落現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」の近くで航空機の酸素マスクが見つかった。発見場所などから、日航は事故機に搭載されていたマスクとみており「実際に使用された可能性がある」としている。

日航によると、マスクは多くの犠牲者が発見された「スゲノ沢」で、酸素を送り込むチューブや袋が付属した状態で見つかった。周辺は2019年の台風19号で崩落。今年6月、重機を使って復旧工事中の作業員が土砂の中からマスクを掘り起こした。

墜落した日航123便は当時ほぼ満席で、事故の際には座席天井部から酸素マスクが下りた。日航は今後、事故の記録を残す安全啓発センター(東京都大田区)での展示などを検討する。

スゲノ沢では21年7月にも、周辺を整備していた日航社員がエンジンの部品「ギア」を発見している。

会員限定記事会員サービス詳細