NY株、一時500ドル超高 米利上げ加速観測が後退

米ニューヨーク証券取引所(AP)
米ニューヨーク証券取引所(AP)

10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発して始まり、前日からの上げ幅が一時500ドルを超えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを加速するとの観測が後退し、買い注文が膨らんだ。

午前9時45分現在は497・10ドル高の3万3271・51ドルを付けた。

朝方に発表された7月の米消費者物価指数が市場予想を下回り、米長期金利が低下。割高感が和らいだIT銘柄が買われ、相場を押し上げた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細