ノーカット動画

名称変更拒否なら訴訟も 旧統一教会会見

外国人記者から質問をうける世界平和統一家庭連合会長の田中富弘氏(右から2人目)=10日午後、東京都千代田区(関勝行撮影)
外国人記者から質問をうける世界平和統一家庭連合会長の田中富弘氏(右から2人目)=10日午後、東京都千代田区(関勝行撮影)

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の田中富広会長は10日、東京の日本外国特派員協会で記者会見し、2015年の名称変更に際し、文化庁の申請拒否が続くなら「訴訟もやむを得ない」との意思を伝えたと明らかにした。政治家の介入は否定した。

名称変更を巡っては、教団が1997年に変更を相談したが「霊感商法などの正体隠しにつながる」として、文化庁が申請を拒否したとされる。田中会長によると、トラブルを避けるため当時は引き下がったが、その後も文化庁の対応が変わらなかったため、訴訟の意思を示すことにしたという。名称変更の認証は「適法に処理されたもの」と述べた。


会員限定記事会員サービス詳細