青森、大雨被害の確認急ぐ 鰺ケ沢では住宅浸水

濁流で水かさが増した岩木川=9日、青森県弘前市(福田徳行撮影)
濁流で水かさが増した岩木川=9日、青森県弘前市(福田徳行撮影)

前線の影響で、青森県では10日も大雨が降り続いた。9日には記録的な大雨となり、鰺ケ沢町では町内を流れる中村川が氾濫し、住宅などが浸水。一夜明け、県や自治体が被害状況の確認を急いだ。前線の停滞に伴い、気象庁は引き続き災害への警戒を呼びかけている。

県警によると、10日午前7時半時点で人的被害は確認されていない。

鰺ケ沢町では町内で100棟以上が浸水したとみられ、西目屋村では大秋川から水があふれ、田畑が一部冠水。職員らが対応に追われた。市内を流れる岩木川が氾濫する恐れがあるとして、9日に最高の警戒レベル5に相当する避難情報「緊急安全確保」を発令した弘前市は、警戒を続けた。

会員限定記事会員サービス詳細