BA・2・75にも効果確認 塩野義のコロナ飲み薬

塩野義製薬は10日、開発中の新型コロナウイルス感染症の飲み薬について、オミクロン株の新たな派生型「BA・2・75」に対する抗ウイルス効果を非臨床試験で確認したと発表した。飲み薬は7月、緊急承認が見送られ、現在進めている最終段階の臨床試験(治験)結果を待って改めて審議される。

BA・2・75は東京や愛知、大阪など各地で検出が報告され、市中感染の広がりが指摘されている。塩野義はすでにBA・4やBA・5でも非臨床試験で効果を確認している。

会員限定記事会員サービス詳細