木原官房副長官の秘書、旧統一教会会合に出席

木原誠二官房副長官(矢島康弘撮影)
木原誠二官房副長官(矢島康弘撮影)

松野博一官房長官は10日の初閣議後の記者会見で、木原誠二官房副長官の地元秘書が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係団体の会合に出席していたと明らかにした。旧統一教会との関係をめぐっては、磯崎仁彦官房副長官も関係団体の行事に来賓として出席したことが明らかになっている。

松野氏は「いずれも当該団体の現状についての認識を欠いたものであり、(木原、磯崎)両副長官とも今後は厳正に見直していくことを約束している」と説明した。旧統一教会と松野氏自身の関係については「知る限りない」と説明した。

岸田文雄首相は10日に任命された新閣僚らに対し、旧統一教会との関係を個々の責任で点検し、厳正に見直すよう指示した。

会員限定記事会員サービス詳細