現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

8月10日

読売新聞が8日の夕刊1面トップで報じた、東京工業大と東京医科歯科大の統合話には驚いた。昨日両大学は協議の開始を発表した。いずれも国立大学のなかで、理工系と医療系のトップレベルの研究力を誇る大学である。

▼統合の狙いは、政府が打ち出した新制度にある。大学の国際競争力を高めるためにいくつかの大学を「国際卓越研究大学」に指定する。10兆円規模の基金から1校あたり年間数百億円の資金を提供するというものだ。年内にも選定が始まる。東京大や京都大などに伍(ご)して認定を勝ち取るためには、大胆な発想の転換が必要なのかもしれない。

▼気の早い話だが、名前はどうなるのか気になる。統合の手法として両大学を一つにする方式を採用した場合、新しい大学名が必要となる。果たして東京の2文字は残るのか。

ランキング

  1. 【正論】「誇りある国」安倍元首相の遺産 麗澤大学教授・八木秀次

  2. 古代ギリシャの逸話と重なる安倍氏国葬 「真の政治家は不人気」 鹿間孝一

  3. 【一筆多論】ゼレンスキー批判に思う 遠藤良介

  4. 【石平のChina Watch】よみがえる「商鞅の亡霊」

  5. 【産経抄】9月29日

  6. 【主張】日中国交50年 関係を根本から見直せ 経済・学術界も安保の視点を

  7. 【正論】大砲は無き道理を造る器械なり 拓殖大学顧問・渡辺利夫

  8. 【産経抄】9月28日

  9. 【直球&曲球】春風亭一之輔 なんでもかんでも手数料

  10. 【主張】露の日本領事拘束 速やかに対抗措置を取れ

会員限定記事