南方熊楠の新書簡見つかる キノコの所見にイラスト入り 和歌山

見つかった南方熊楠の新書簡=10日午前、和歌山県白浜町の南方熊楠記念館
見つかった南方熊楠の新書簡=10日午前、和歌山県白浜町の南方熊楠記念館

博物学者・南方熊楠(1867~1941年)が和歌山県で見つかった珍しいキノコについての所見やイラストを書いた書簡1点が見つかり、寄贈を受けたと南方熊楠記念館(同県白浜町)が10日、発表した。

記念館によると、書簡は熊楠が昭和5年1月29日、当時の上秋津村(現和歌山県田辺市)の男性に宛てたもので、縦約18センチ、横約53センチ。新種の可能性があるとの見解が示されている。男性が自宅にあったキンカンの枯れた幹に発生したキノコを、熊楠と面識のある医師を通じて渡していたとみられる。

熊楠の日記に、この書簡を送ったとの記録があり、日記には書簡と同様のキノコのイラストが描かれていた。書簡は男性のひ孫が、実家で父親の遺品整理をしていた際に見つけたという。

記念館の三村宜敬学芸員は「一般の人にも詳しく丁寧に説明しているところが熊楠らしい。初出の資料で貴重なものだ」と話した。8月18日から記念館で公開する予定。

会員限定記事会員サービス詳細