Sウィリアムズ引退の意向 四大大会通算23勝の40歳

セリーナ・ウィリアムズ(ロイター)
セリーナ・ウィリアムズ(ロイター)

女子テニスで四大大会通算23勝を誇る元世界ランキング1位、セリーナ・ウィリアムズ(40)=米国=が、近く現役を退く意向を表明した。9日、ロイター通信など複数のメディアが報じた。29日に開幕する全米オープン後になるとみられる。

女子シングルスの四大大会優勝回数は、マーガレット・コート(オーストラリア)の24勝が最多。S・ウィリアムズは2017年の全豪オープンを最後に四大大会の頂点から遠ざかっている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細