韓国で観測史上最大の集中豪雨 交通網まひ、死者行方不明者も

8日夜、道路が冠水したソウル市内(聯合=共同)
8日夜、道路が冠水したソウル市内(聯合=共同)

韓国で気象観測史上、最大規模の記録的な豪雨が発生し、10日までに住宅の浸水などで9人が死亡、行方不明者も出ている。岸田文雄首相と林芳正外相は10日、「地域が一日も早く被災前の姿を取り戻すよう祈る」と、被災者へのお見舞いのメッセージを出した。

聯合ニュースによると、ソウル市内では8日から9日にかけて、総降水量400ミリ超を記録。道路が冠水し、地下鉄駅の一部も浸水して交通網がまひし、ひざまで水につかり歩く人々もみられた。10日も北東部江原道(カンウォンド)で土砂崩れにより住宅が孤立、住民が救助された。

会員限定記事会員サービス詳細