立民と共産「統一教会隠し内閣」などと批判

立憲民主党の臨時常任幹事会であいさつする泉代表=10日午後、国会
立憲民主党の臨時常任幹事会であいさつする泉代表=10日午後、国会

第2次岸田文雄改造内閣の発足を受け、野党各党は10日、新内閣のもとで早期に臨時国会を開き、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)や安倍晋三元首相の国葬などに関する審議を行うよう求めた。立憲民主、共産、社民各党は新内閣について、口をそろえて「統一教会隠蔽(いんぺい)内閣」などと命名して批判した。

立民の泉健太代表は党会合で、複数の新閣僚や自民党役員に旧統一教会との接点があると指摘。「点検や厳正な見直しをすると言ったにもかかわらず、全くできていない。これでは国民の信頼は得られない」と岸田首相を批判し、「一言でいうと『統一教会隠蔽内閣』だ」と強調した。さらに臨時国会を早期に開き、新内閣の所信を示すよう要求した。

共産の小池晃書記局長も記者会見で「統一教会隠しを企てたと思うが、隠しようがない。『統一教会隠し失敗内閣』といえるのではないか」と強調。国政の行き詰まりを打開しようとした「行き詰まり改造」だとも言及した。

社民の福島瑞穂党首も会見で「統一教会隠し内閣」と命名。「組閣で統一教会隠しをしようとしているが、そうは問屋が卸さない」と強調した。

一方、日本維新の会の松井一郎代表は記者団に「首相が党内派閥の言うことをよく聞き、長期政権を目指すための『党内配慮型内閣』だ」と指摘。「防衛力強化、(核抑止をめぐる)タブーなき議論をしっかりしてもらうよう求めていく」と語った。

国民民主党の玉木雄一郎代表は「国葬や旧統一教会のみならず、物価高騰や台湾海峡など問題が山積している。国会を開いて説明する機会を速やかに設けてもらいたい」と記者団に語った。「ぜひ国家、国益のために全力で頑張っていただきたい」とエールも送った。

会員限定記事会員サービス詳細