アリババ株で1兆円超調達 ソフトバンクG

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長

ソフトバンクグループ(SBG)は10日、出資する中国のIT大手、アリババグループの株式を利用し、4~6月に約1兆3千億円超を調達したと明らかにした。世界的な株安など市場環境が悪化する中、手元資金を厚くした。

SBGによると、資金調達の結果、アリババ株の保有割合は6月末時点の23・7%から14・6%に低下し、持ち分法適用会社でなくなるという。

2022年7~9月期に会計上の利益を計上する。計上額は税引き前で約4兆6千億円に上ると試算している。「連結決算に与える影響は確定後に改めて知らせる」という。

会員限定記事会員サービス詳細