3年ぶり軽快な舞 高知「よさこい特別演舞」開幕

高知市で開幕した「2022よさこい鳴子踊り特別演舞」=10日午後
高知市で開幕した「2022よさこい鳴子踊り特別演舞」=10日午後

高知の夏の風物詩、よさこい祭りの代替イベントとなる「2022よさこい鳴子踊り特別演舞」が10日、高知市で開幕した。新型コロナウイルス禍の影響を考慮し、前夜祭と後夜祭は実施せず例年4日間の日程を2日間に短縮。会場数も減らした。祭りは2020年、21年と中止になっており、3年ぶりに踊り子らが軽快な舞を披露した。

県内外から約100チーム、約6600人が参加。30度を超える暑さの中、赤や緑などの華やかな衣装を身にまとった踊り子らが木製の打楽器「鳴子」を両手に持ち、生き生きとした表情で踊った。

高知市で開幕した「2022よさこい鳴子踊り特別演舞」=10日午後
高知市で開幕した「2022よさこい鳴子踊り特別演舞」=10日午後

香川大2年の女性(19)は、サークル活動が制限されていたため、よさこいを外で踊るのは初めて。「本場の高知は迫力がある。見ている人にも元気になってもらえるように楽しみたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細