車に小学生きょうだいの遺体 自宅で死亡の母親には首絞められた痕 愛知・犬山

愛知県犬山市の山中から運び出される、小学生のきょうだいが遺体で発見されたワゴン車=10日午前11時半ごろ
愛知県犬山市の山中から運び出される、小学生のきょうだいが遺体で発見されたワゴン車=10日午前11時半ごろ

愛知県犬山市で山中のワゴン車から小学生のきょうだいの遺体が見つかった事件で、約13キロ離れた自宅で発見された母親(42)の遺体に首を絞められたような痕があることが10日、捜査関係者への取材でわかった。遺体の状況などから3人とも殺害された疑いが強いとみられる。県警は連絡が取れていない父親(42)の行方を追っている。

ワゴン車から見つかったのは同県扶桑町小淵小淵新開に住む小学4年の田中千結さん(9)と小学1年、十楽君(6)。車は2人の父親名義で、発見時はエンジンがかかったままだった。自宅ではきょうだいの母親(42)が遺体で見つかり、遺書のようなものも見つかっている。

遺体発見の直前、現場近くを何度も往復する車を工事現場の警備員が目撃しており、関連を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細