経済安保担当相に高市氏 内閣改造・党役員人事固まる

高市早苗氏
高市早苗氏

岸田文雄首相(自民党総裁)は10日の内閣改造・党役員人事で、浜田靖一元防衛相を再起用する方針を固めた。総裁選を争った高市早苗政調会長を経済安全保障担当相、河野太郎広報本部長をデジタル相に充てる。また、永岡桂子元文部科学副大臣を文科相、寺田稔首相補佐官を総務相として初入閣させる。加藤勝信前官房長官は3度目の厚生労働相に起用する。

これ以外では西村康稔前経済再生担当相を経済産業相、西村明宏元官房副長官を環境相、小倉将信青年局長を少子化担当相、谷公一衆院議員を国家公安委員長、葉梨康弘衆院議員を法相、秋葉賢也衆院議員を復興相に充てる。参院からは岡田直樹参院国対委員長を地方創生担当相、野村哲郎参院議員を農林水産相に起用する。

松野博一官房長官や林芳正外相は留任させて「骨格」を維持し、政権運営の安定を図る。鈴木俊一財務相と山際大志郎経済再生担当相、公明党の斉藤鉄夫国土交通相も続投となる。

自民役員人事では萩生田光一経産相を政調会長、遠藤利明選対委員長を総務会長、森山裕総務会長代行を選対委員長に起用する方向。麻生太郎副総裁、茂木敏充幹事長、高木毅国対委員長、梶山弘志幹事長代行、小渕優子組織運動本部長は再任となる。

自民は9日、岡田氏の後任に野上浩太郎参院幹事長代行を起用する方針を固めた。党幹部が明らかにした。健康面で不安を抱える岸信夫防衛相、7月の参院選に出馬せず、議員を引退した金子原二郎農林水産相と二之湯智国家公安委員長は退任が決まった。

首相は9日、長崎市で記者会見し、「難局突破のため、政府与党の結束がこれまで以上に重要だ」と述べた。また、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係について「自ら点検し、厳正に見直してもらうことが新閣僚や自民党役員の前提となる。徹底していきたい」と語った。

10日午前の党臨時総務会で新役員を決定する。午後に閣僚名簿が発表され、皇居で認証式が行われる見通しだ。

第2次岸田改造内閣の顔ぶれ

会員限定記事会員サービス詳細