衰弱していた両親を放置し外出、容疑で息子を逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

衰弱した両親を自宅に放置したとして、大阪府警此花署は9日、保護責任者遺棄容疑で息子の無職、比嘉広一(ひろかず)容疑者(41)=大阪市此花区西九条=を逮捕した。容疑を認めている一方、「救急車を呼ばなかった理由は分かりません」と供述している。母の喜美江さん(79)はその場で死亡が確認され、同署は司法解剖して死因を調べる。

逮捕容疑は8月7~8日、同居している喜美江さんと父親(81)が衰弱しているのを認識しながらそのまま放置したとしている。父親は意識不明の状態で救急搬送された。

同署によると、比嘉容疑者は8日夕、2人が意識不明であることを認識しながら外出したと説明。帰宅後の午後8時ごろ、119番した。

会員限定記事会員サービス詳細