「FBIに急襲された」トランプ前大統領宅を捜索、公文書持ち出しに関連か

トランプ米前大統領の邸宅マールアラーゴ=フロリダ州パームビーチ(AP)
トランプ米前大統領の邸宅マールアラーゴ=フロリダ州パームビーチ(AP)

【ワシントン=大内清】トランプ米前大統領は8日、声明を出し、南部フロリダ州のリゾート地パームビーチにある自身の邸宅マールアラーゴが連邦捜査局(FBI)による家宅捜索を受けたと明らかにした。捜索理由は説明していない。米CNNテレビは同日、トランプ氏が退任時に首都ワシントンの国立公文書館から機密扱いの公文書15箱分を持ち出してマールアラーゴへ運んだとされる問題に絡む捜査の一環だと報じた。

大統領経験者が法執行機関の強制捜査を受けるのは極めて異例。捜索が何らかの犯罪の立証や訴追につながるかは不明だが、FBI元幹部はCNNで、「捜索令状の取得には何らかの連邦法に違反していると疑うに足る証拠が必要だ」と指摘した。

トランプ氏は、自身のソーシャルメディア上での声明で、マールアラーゴが「大量のFBI捜査官によって包囲を受けて急襲され、占領されている」「私の金庫にまで押し入った!」と非難した上で、自身は政府機関と協力的な関係を築いていると強調。「この家宅捜索は不要であり不適切だ」と訴えた。トランプ氏は捜索当時、東部ニューヨーク州に滞在していたという。

トランプ氏の声明を受け、共和党のトランプ派議員らからは、FBIとその上部機関である司法省を非難する声が相次いだ。トランプ氏は共和党支持層になおも大きな影響力を保持しており、11月8日の投票日まで3カ月に迫った中間選挙に影響する可能性もある。

トランプ氏宅、米FBIが捜索 前大統領対象、異例

会員限定記事会員サービス詳細