読者投稿「ふぉとぷらざ」8月 偶然の出会いから生まれる

ベスト賞「小休止」㊤「指定席」㊦ 野中博さん 堺市堺区
ベスト賞「小休止」㊤「指定席」㊦ 野中博さん 堺市堺区

すっかり夏本番。日光が刺さるように感じる毎日です。くれぐれも暑さに気をつけてお過ごしください。

ベスト賞は野中博さんの2作を組み合わせて選びました。伺うと小さな生き物たちとは「偶然の出会い」ということですが、マクロレンズで丁寧に撮影されていて、童話の挿絵のようにも感じました。

下宮光男さんの「狐」は日本海の夕日をキツネの目に見立てた作品。映っているのは奥様の手だそうです。協力して作品を作られたのも素敵ですね。

奥田八恵美さんの「初夏の琵琶湖畔」。イチョウの葉を額縁に見立てて、撮影されたとのこと。緑と遠くに見える琵琶湖の青のコントラストが夏らしい景色です。

(彦野公太朗)

ベスト賞野中博さん 「小休止」㊤「指定席」㊦ 堺市堺区

「狐」下宮光男さん 大阪府東大阪市

「初夏の琵琶湖畔」奥田八恵美さん 大阪府河内長野市

ベスト賞「小休止」㊤「指定席」㊦ 野中博さん 堺市堺区
ベスト賞「小休止」㊤「指定席」㊦ 野中博さん 堺市堺区
「狐」下宮光男さん 大阪府東大阪市
「狐」下宮光男さん 大阪府東大阪市
「初夏の琵琶湖畔」奥田八恵美さん 大阪府河内長野市
「初夏の琵琶湖畔」奥田八恵美さん 大阪府河内長野市

【応募のきまり】

カメラの種類は問いません。もちろん携帯電話でもOK。テーマは自由です(未発表のものに限る)。原則として、毎月第2火曜日に掲載。ベスト賞1人に1万円、その他の掲載作品には記念品を差し上げます。プリントの郵送は〒556-8661 産経新聞大阪本社写真報道局「ふぉとぷらざ係」(06・6633・9281)まで。電子メールでの応募は画像データのサイズを1㍋バイト以下にして、専用アドレス(photoplaza@sankei.co.jp)までお送りください。応募作品に▷タイトル▷コメント(100字以内)▷郵便番号▷住所▷氏名▷年齢▷電話番号を明記。「ペットコーナー」宛ては▷ペット名(分かれば性別と年齢)も併せて明記してください。写真は返却しません。


会員限定記事会員サービス詳細