長州正論

「自分の国、自分で守れ」本紙・矢板明夫記者ら

長州正論懇話会の第42回講演会が実施された=8日、山口県下関市
長州正論懇話会の第42回講演会が実施された=8日、山口県下関市

長州「正論」懇話会の第42回講演会が8日、山口県下関市の市生涯学習プラザで開かれ、産経新聞の有元隆志・正論調査室長を進行役に田北真樹子・月刊正論編集長と矢板明夫・台北支局長が「安倍晋三の遺志を継げ」と題して講演した。

冒頭、1カ月前に凶弾に倒れた安倍晋三元首相に黙祷(もくとう)がささげられた。

田北氏は、中国が日本の排他的経済水域(EEZ)に弾道ミサイル5発を撃ち込んだことを指摘。「安倍氏が『台湾有事は日本有事』と発言していたことが現実のものになった。安倍氏が目指したように、自分の国は自分で守れるようにしなければならない」と訴えた。台湾からリモートで参加した矢板氏は「安倍氏の国葬には蔡英文総統の参列を認めるべきだ」と述べた。

講演会は、新型コロナウイルスの感染対策を実施して開催された。

【長州正論詳報】 「安倍氏は闘う政治家」台北支局長ら講演


会員限定記事会員サービス詳細