現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

エール

発達障害の子育てに悩んだらメンターに相談を

ウマと遊ぶ保育園時代の息子。この頃は友達と話せませんでしたが、動物とは会話できていたのかもしれません(国沢さん提供)
ウマと遊ぶ保育園時代の息子。この頃は友達と話せませんでしたが、動物とは会話できていたのかもしれません(国沢さん提供)

発達障害児の子育て、どうしたらいいのか分からない。ひとりで悩んでいて苦しい。そんなときは「ペアレント・メンター」(通称・メンター)に相談してみませんか。メンターは発達障害児の親で、同じように発達に課題のある子どもを持つ親の相談にのっています。メンターとは「信頼のおける相談相手」という意味で、同じ親として、専門家とは違った視点から寄り添うことができます。

今21歳の私の息子は、3歳のときに自閉症と診断されました。それまでは、「なんだか他の子どもとちょっと違うな」と感じながらも、笑うし、話すし、日常生活は送れるし、心配ないと思っていたところ、ある日ドクターから診断名を告げられました。「自閉症って何? 治るもの?」と必死に調べました。

そんなときに力になってくれたのが、息子と同じ保育園で出会ったお母さんです。その方のお子さんも自閉症でした。まず何をすればよいのか、どこに頼ればよいのかなど、たくさん相談にのってもらいました。「辛いよね」と気にかけてくれた一言が、どんなに心にしみたことか。同じ道を通ったそのお母さんのアドバイスが、どんなに私の子育てに役立ったことか。

やがて私は、住んでいる東京都三鷹市に発達障害児の親の会「モンブランの会」をつくり、9年後に、家族支援を目的とする一般社団法人「マーブル」を設立しました。「子育てで得た経験や情報を、後に続く親御さんに伝えよう」、「子どもに障害があるとわかってすぐの辛い気持ちに、今度は私たちが寄り添おう」。そう決心したのです。

ランキング

  1. 【経済インサイド】異なる決済アプリ同士での送金可能に 全銀協がシステム開放へ

  2. 賞味期限を過ぎたペットボトルの水は飲めるか、飲めないか?

  3. 【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(892)統一教会報道いつまでやるのか

  4. 【テクノロジーと人類】(10)病気の起源 進化が招いた「文明病」

  5. 新型コロナの入院給付金、26日から縮小 生保協会「丁寧な説明重要」

  6. 【話の肖像画】アルピニスト・野口健<24> じいちゃんと戦争、そして遺骨収集

  7. 24卒学生が選ぶ 就職人気企業ランキング中間発表 インターンシップでの積極的な情報発信が学生の支持獲得に

  8. 【柴門ふみの人生相談】20代の彼女と結婚したいのに

  9. 上皇さま、東大病院で右目の手術受けられる

  10. 【朝晴れエッセー】コーヒーを飲もう・9月26日

会員限定記事