3年ぶり下関で全国選抜少年野球大会

3年ぶりに開催された全国選抜少年野球下関大会=7日、山口県下関市
3年ぶりに開催された全国選抜少年野球下関大会=7日、山口県下関市

第24回全国選抜少年野球下関大会(産経新聞など特別協賛)が5~7日、山口県下関市のオーヴィジョンスタジアム下関球場を主会場に行われた。新型コロナ禍で3年ぶりの開催。炎天下、全国から集まった小学球児たちが元気なプレーを披露した。

下関少年野球協会などでつくる実行委員会が主催。今年は地元、山口をはじめ東は埼玉、南は沖縄まで全国から16チームが出場した。

7日の決勝戦は城西大名スピリッツ(沖縄)と乙訓(おとくに)オールスターズ(京都)が対戦した。乙訓は初回に2点を先制されたが、2回に2点本塁打で逆転。その後も得点を重ね、7-2で4連覇を達成した。

キャプテンの小西修生君(12)は「4連覇できてうれしい。コロナ禍でも全国のチームと試合ができて楽しかった」と大粒の汗をぬぐった。

順位は次の通り。

①乙訓オールスターズ②城西大名スピリッツ③所沢少年野球クラブ(埼玉)④高原野球スポーツ少年団(宮崎)⑤基山少年野球クラブ(佐賀)⑥東江少年野球(沖縄)⑦萩維新クラブ(山口)⑧八幡少年野球クラブ(京都)⑨川内サンダース(鹿児島)⑩宮里カープ(沖縄)⑪鹿児島少年野球クラブ(鹿児島)⑫義方スポーツ少年団野球部(鳥取)⑬黒石クラブスポーツ少年団(山口)⑭長崎レッズ(長崎)⑮松陰クラブ(山口)。棄権=宮崎バファローズスポーツ少年団(宮崎)

会員限定記事会員サービス詳細