「簡単に盗めたので…」西成の無人販売店で冷凍ギョーザ窃盗疑い 無職男を逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪市西成区の無人販売店で冷凍ギョーザなどを盗んだとして、大阪府警西成署は9日、窃盗の疑いで同区花園北の無職、高松幸一容疑者(54)を逮捕したと発表した。「簡単に盗めたので盗んだ」と容疑を認めている。

逮捕容疑は6月27日午前2時半ごろ、自宅近くの無人販売店「餃子の一龍堂 花園北店」で、40個入りの冷凍ギョーザ3袋やたれ1本、6個入りの桃まん2袋の計6点(計4100円相当)を盗んだとしている。

同署によると、店は24時間営業で、冷凍庫にギョーザなどの商品を陳列。自由に取り出すことができ、料金箱に支払額を入れる仕組みだった。周囲の防犯カメラの映像には高松容疑者が冷凍庫から商品を取り出し、料金を支払わずそのまま店外へ出た様子が写っていたという。

同店では5月に6件の被害(計約2万1千円相当)があったとして被害届を提出し、同署が捜査していた。高松容疑者の自宅は店から約20メートルしか離れておらず、同署は他の被害との関連を調べている。

会員限定記事会員サービス詳細