17歳少年実刑判決が確定 福岡、21歳女性刺殺

福岡市中央区の商業施設「マークイズ福岡ももち」で令和2年、面識のない女性=当時(21)=を刺殺したとして殺人罪などに問われた少年(17)を懲役10年以上15年以下とした福岡地裁の裁判員裁判判決が確定したことが9日、地裁への取材で分かった。期限の8日までに少年側と検察側双方が控訴しなかった。

関係者によると、少年は面会で、求刑通りの判決を受け入れる意向を示していた。

少年は事件当時15歳。弁護側は医療(第3種)少年院などでの保護処分が妥当とし家裁移送を求めた。判決は「極めて残虐。保護処分は社会的に許容し難い」として実刑が相当と判断した。

判決によると、2年8月28日、商業施設で包丁2本を盗んだ上、客としてきていた女性に近づき、午後7時半ごろ、トイレで首などを包丁で多数回突き刺し、殺害した。

少年に懲役10~15年判決 当時15歳、福岡の女性刺殺「保護処分許容し難い」

会員限定記事会員サービス詳細