米大統領、中国軍の圧力強化「懸念」 海軍艦艇が台湾海峡通過へ

記者団の取材に応じるバイデン米大統領=8日、東部デラウェア州の空軍基地(ロイター)
記者団の取材に応じるバイデン米大統領=8日、東部デラウェア州の空軍基地(ロイター)

バイデン米大統領は8日、台湾周辺での軍事演習継続による中国軍の圧力強化を「懸念している」と述べた。ペロシ下院議長の訪台後、バイデン氏が台湾情勢について公の場で見解を示すのは初めて。東部デラウェア州の空軍基地で記者団に語った。

一方、カール国防次官(政策担当)は8日の記者会見で、数週間のうちに米海軍艦艇が台湾海峡を通過すると明らかにした。中国は台湾海峡について国際水域ではないとの主張を展開するようになっており、反発は必至だ。

中国軍は8日、台湾周辺で同日も演習を継続したと発表しており、米側は中国が台湾への軍事圧力を常態化させる構えだとみて警戒している。

ホワイトハウスのジャンピエール報道官は大統領専用機内で中国を改めて批判。記者団に「挑発的で無責任。誤算のリスクを高めるものだ」と述べた。世界各国も事態がエスカレートするのは望んでいないとして、中国に沈静化を要求した。中国との対話は維持すると強調した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細