阪和道の家族5人乗り車横転事故 助手席の母親も死亡

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

堺市中区の阪和自動車道の料金所近くで家族5人が乗った乗用車が横転し男児が死亡した事故で、大阪府警は8日、死亡した男児は大阪府門真市の目加田(めかだ)慎平ちゃん(6)と発表した。助手席で意識不明となっていた母親の千春さん(32)も8日朝、搬送先の病院で死亡。府警が事故原因を調べている。

事故は7日午後9時55分ごろ、阪和自動車道上り線の堺本線料金所付近で発生。一家5人が乗っていた乗用車が縁石に接触して横転し、後部座席の慎平ちゃんが車外に投げ出された。運転していた父親(33)は骨盤を折る重傷。後部座席にいた慎平ちゃんの妹(4)と弟(3)はいずれも打撲などの軽傷だった。

一家は和歌山県白浜町に旅行に行った帰りだったという。


阪和道料金所で事故 車横転し5人を搬送、男児が死亡

会員限定記事会員サービス詳細