首相、党役員人事きょう午後に一任取り付け

岸田文雄首相(矢島康弘撮影)
岸田文雄首相(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相(自民党総裁)は10日に予定する内閣改造・党役員人事に向け、8日午後に党臨時役員会、臨時総務会を開き、役員人事の一任を取り付ける。首相は麻生太郎党副総裁と茂木敏充党幹事長を残留させ、萩生田光一経済産業相は留任もしくは党政調会長などの要職で起用する考えだ。

首相は7日、茂木氏と公邸で会い、人事を巡って意見交換した。これに先立ち、萩生田氏とも会談した。

萩生田氏は党内最大派閥の安倍派(清和政策研究会、97人)に所属し、安倍晋三元首相と近かった。首相は萩生田氏を閣僚か党の要職として処遇することで、安倍氏の死去後も安倍派との連携を維持し、政権の安定につなげる狙いがあるとみられる。

首相は内閣改造では、閣僚の半数以上を交代させる大幅改造を行う考えだ。岸信夫防衛相や二之湯智国家公安委員長らを交代させる一方、政権の骨格である松野博一官房長官、林芳正外相は残留させる見通しだ。鈴木俊一財務相の留任も有力視されている。菅義偉前首相ら非主流派の処遇も焦点になる。

首相は8日午前、官邸で公明党の山口那津男代表と会談し、内閣改造をめぐって意見交換した。

会員限定記事会員サービス詳細