「プラズマ乳酸菌」で新型コロナ医薬品開発目指す キリンHD

キリンホールディングス(HD)は8日、免疫機能の維持に役立つとされる独自の「プラズマ乳酸菌」を使った新型コロナウイルスの増殖や発症を抑える研究が、日本医療研究開発機構による今年度の助成事業に選ばれたと発表した。助成額は非公表。新型コロナの医薬品開発を目指す。

同社は国立感染症研究所とのこれまでの共同研究で、プラズマ乳酸菌に新型コロナウイルスの増殖を抑える結果を得たという。コロナ感染の重症化リスクを軽減する作用が期待できるとして、今回の助成事業で研究を重ね医薬品の開発につなげる。

キリンHDは機能性表示食品として、プラズマ乳酸菌を使った飲料やサプリメントなどを展開。医薬品開発の可能性については基礎的な研究段階にあるとして、「(将来的には感染症など)ウイルス全般にアプローチし、新型コロナに限らず中長期的に進めたい」としている。

会員限定記事会員サービス詳細