中国軍が台湾周辺での演習継続 「常態化」も

7日、演習を行う中国人民解放軍東部戦区の軍用機(新華社=共同)
7日、演習を行う中国人民解放軍東部戦区の軍用機(新華社=共同)

【北京=三塚聖平】中国人民解放軍で台湾方面を管轄する東部戦区は8日、台湾周辺の空・海域における演習を同日も継続すると発表した。中国軍は、台湾の周囲を取り囲む大規模軍事演習を7日まで行ったが、今後も軍事演習を続けることで台湾側に圧力をかける考えとみられる。

中国軍は、ペロシ米下院議長の台湾訪問への対抗措置として、台湾を取り囲む6つの空・海域で「重要軍事演習」を4~7日に実施した。

今後、習政権が台湾に対する圧力をどのような形で継続するのか注視される。中国軍に属する国防大学の孟祥青(もうしょうせい)教授は、米台の出方次第で中国側が演習を「常態化」する可能性も示唆している。

会員限定記事会員サービス詳細