大雨被害で交付税前倒し 山形、新潟、石川20市町村

たまった泥水をかき出し、清掃する住民ら=4日午後、山形県大江町左沢地区 (柏崎幸三撮影)
たまった泥水をかき出し、清掃する住民ら=4日午後、山形県大江町左沢地区 (柏崎幸三撮影)

総務省は8日、今月の大雨で大きな被害が出た山形、新潟、石川の3県の計20市町村に対し、9月分の普通交付税のうち計78億9500万円を前倒しして今月10日に配分すると発表した。災害対応に支障が出ないようにする。

内訳は、山形が米沢市など10市町に計30億1600万円、新潟が村上市など3市村に計15億5500万円、石川が金沢市など7市町に計33億2400万円。

普通交付税は原則、4、6、9、11月の年4回に分けて配っている。

会員限定記事会員サービス詳細