「存立危機事態」認定する初の実動訓練 リムパック演習

記者会見する岸防衛相=2日午前、防衛省
記者会見する岸防衛相=2日午前、防衛省

岸信夫防衛相は8日の記者会見で、米海軍主催の環太平洋合同演習「リムパック」で、密接な関係にある他国が攻撃を受けて日本の存立が脅かされる「存立危機事態」を想定した訓練を行ったと明らかにした。存立危機事態の認定を想定した自衛隊の実動訓練は初めて。軍事圧力を強める中国などを念頭に抑止力を示す狙いがあるとみられる。

今年のリムパックは6月29日から8月4日までハワイ諸島などで実施され、インド太平洋方面派遣部隊の海上自衛隊護衛艦「いずも」などが戦術訓練や人道支援・災害救援訓練に参加。うち7月29日から8月3日までは日本政府が安全保障関連法の存立危機事態を認定し、武力行使に踏み切るシナリオで行った。

岸氏は8日の記者会見で「安保関連法を効果的に運用し、あらゆる事態に対応できるよう万全を期していきたい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細