首相に役員人事一任 自民

自民党臨時役員会に臨む(左から)茂木敏充幹事長、岸田文雄首相、麻生太郎副総裁=8日午後、東京・永田町の党本部(矢島康弘撮影)
自民党臨時役員会に臨む(左から)茂木敏充幹事長、岸田文雄首相、麻生太郎副総裁=8日午後、東京・永田町の党本部(矢島康弘撮影)

自民党は8日、党本部で臨時の役員会と総務会を開き、岸田文雄首相(党総裁)に役員人事を一任した。首相は10日に内閣改造・党役員人事を行う予定。

首相は、新型コロナウイルス対策、ウクライナや台湾など緊迫する国際情勢に加え、安倍晋三元首相の国葬(国葬議)の準備を挙げ「われわれに突きつけられている喫緊の課題を乗り越えていくためには、政治行政の空白は一切許されない」と述べた。その上で「できる限り早期に人事を行い、新たな体制のもとで難局突破、政策断行に全神経を集中させていきたい」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細