三井住友海上、米企業買収 540億円、再保険仲介

三井住友海上火災保険が、米国の再保険仲介会社トランスバース・インシュアランス・グループを買収することが7日、関係者への取材で分かった。買収額は約4億ドル(約540億円)とみられる。近く公表する見通し。米国事業や、保険会社の保険金支払いの一部を肩代わりする「再保険」の関連ビジネスを強化する。

トランスバースは保険代理店が販売した商品について、再保険を引き受ける別の保険会社を仲介し、手数料を得るビジネスを全米で展開している。再保険仲介は米国で成長しており、欧州など他の地域でも需要が増える可能性があるという。

三井住友海上は投資ファンドなどからトランスバースを買収し、年内にも完全子会社化を目指す。

三井住友海上はこれまでアジアを中心に拡大していた海外事業に関し、米国も強化していく計画だ。

会員限定記事会員サービス詳細