9年分の進化は凄い! 新型日産エクストレイル試乗記

約9年ぶりにフルモデルチェンジした新しい日産「エクストレイル」に小川フミオが試乗した。

e-4ORCEなど注目技術満載

日産の新しいエクストレイルは、ひとことで言って走りが素晴らしかった。

新型エクストレイルは、シリーズハイブリッド・システム「e-POWER」を搭載したのが大きな特徴だ。駆動はモーターで、発電用に1.5リッター直列3気筒ガソリンターボ・エンジンを使う。前輪駆動と、後輪駆動用にモーターを追加した4WDの2種類が用意される。

まず発売されるのが4WDで、遅れて前輪駆動が登場する。前輪用モーターは、150kWの出力に330Nmの最大トルク(ノート比で1.2倍)。後輪用モーターは100kWと195Nm。こちらはノート比で1.9倍のパワーという。このパワートレインは全モデル共通だ。

特筆したいのは、最初に触れたとおり、走りだ。「e-4ORCE(イーフォース)」と呼ぶ、日産独自の4WDシステムは、期待していただけあって、このクルマがSUVであることを忘れてしまうほどスポーティなハンドリングを実現している。

会員限定記事会員サービス詳細