広5―7神 阪神が競り勝つ

【プロ野球広島対阪神】8回、適時二塁打を放つ阪神・島田海吏=マツダスタジアム(甘利慈撮影)
【プロ野球広島対阪神】8回、適時二塁打を放つ阪神・島田海吏=マツダスタジアム(甘利慈撮影)

阪神が競り勝った。2―5の五回2死一塁からロドリゲス、ロハスの連続本塁打で同点とし、八回に島田の適時二塁打と佐藤輝の犠飛で2点を勝ち越した。4番手の岩貞が2勝目、ケラーは来日初セーブ。広島は5番手の森浦が崩れた。

会員限定記事会員サービス詳細