中国、大規模演習が終了へ 台湾攻撃想定、日米も威嚇

5日、台湾周辺海域で行われた中国人民解放軍の演習で双眼鏡をのぞく兵士(新華社=共同)
5日、台湾周辺海域で行われた中国人民解放軍の演習で双眼鏡をのぞく兵士(新華社=共同)

中国人民解放軍が台湾周辺で4日から展開してきた大規模な「重要軍事演習行動」は7日正午(日本時間同日午後1時)、終了予定時刻を迎える。多数の艦船や軍用機、ミサイルを投入し、台湾を包囲、攻撃する想定で実弾演習を実施した。台湾だけでなく米国や日本を威嚇する意図が鮮明で、地域の外交、安全保障環境は悪化した。

演習は台湾を囲む六つのエリアで行い、海空軍やロケット軍が参加。艦船や軍用機が台湾海峡の中間線を繰り返し越えて台湾側に進入した。ミサイルも台湾上空を飛び越えたとみられる。一部は日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。

台湾を自国の一部と見なす中国は、ペロシ米下院議長の訪台が「内政干渉」に当たると猛反発し、対抗措置としての軍事演習を正当化した。5日には軍事分野の対話や気候変動問題の協議といった米中間の8項目の交流を停止すると発表。日本を含む先進7カ国(G7)が「中国を不当に非難」したとして、4日に予定していた日本との外相会談も取りやめた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細