穀物輸出、さらに4隻出港 ウクライナから、17万トン

7日、ウクライナ・オデッサ州の港を出た穀物輸出船(AP)
7日、ウクライナ・オデッサ州の港を出た穀物輸出船(AP)

ウクライナ産穀物の輸出再開で7日、黒海に面する南部オデッサ州の港からさらに4隻の穀物輸出船が出港した。インフラ省がフェイスブックで発表した。4隻に積まれた穀物は計17万トン。航行を共同監視するため国連など4者が設置した「合同調整センター」によると、それぞれトルコやイタリア、中国に向かう。

輸出再開第1便は1日に出港し、5日にも3隻が出港した。クブラコフ・インフラ相は「近い将来少なくとも1カ月に100隻の船を出港させ、300万トンの穀物を出荷できるようになる」と強調した。

7日はオデッサ港から1隻、チョルノモルスク港から3隻が出港した。

一方、ロイター通信は7日、第1便の貨物船のレバノン到着が予定より遅れると伝えた。在レバノンのウクライナ大使館の話としている。ロイターによると、船荷証券には到着予定日は9日と記されている。船は当初、7日にレバノンに到着するとみられていた。遅れの理由は不明。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細